腋臭症について

腋臭症とは、アポクリン腺から出る汗が原因で起こります。アポクリン腺から出た汗がエクリン腺から出た汗と混じり合った状態で放置したままでいると、強い臭気を発するようになります。

腋臭症の治療には、アポクリン腺の除去手術が効果的です。アポクリン腺の除去に成功すると、腋臭症を完治させることが可能です。

腋臭症の診断

腋臭症の自己診断には、耳垢の湿り具合の確認が有効です。耳垢が湿っている場合には、それが腋臭を引き起こす原因であるアポクリン腺の活動を示します。アポクリン腺の活動を示す耳垢の湿った状態は、幼少期からでも確認可能です。実際に腋臭が発生する年齢に達する前であっても、その判別ができる一つの目安にもなります。

腋臭症の治療

腋臭症の治療法はアポクリン腺を切り取ってしまうことです。アポクリン腺を外科的に除去すれば、腋臭で悩まされることもなくなります。腋臭の予防などの方法もありますが、抜本的な解決を図るためには手術でアポクリン腺を除去します。

手術について

ワキの下の皮膚に切れ目を入れて皮膚を裏返します。裏返した皮膚にはアポクリン汗腺が付いているのが簡単に確認できるので、目視で一つずつ取り除いていきます。

手術後は握りこぶし程度の綿を脇にはさんで圧迫固定をします。

手術の傷跡について

脇のしわに沿って傷ができます。

アクポリン腺の切除