医療用レーザー脱毛について

レーザーを脱毛したい部分に照射して、毛や、毛根、組織を破壊して毛を生えないようにします。痛みをほとんど感じることなく脱毛できます。レーザーの光は毛根の黒色のメラニンに吸収されることで、そのエネルギーが周りの組織を破壊します。そのため、日焼けしているとレーザー脱毛を受けることができません。治療をしていくと毛の成長速度が次第に遅くなっていき、次第に薄くなっていきます。

医療用レーザー脱毛のメリット

  • 医師の診察を受けられ安全
  • 短時間で施術できる
  • 脱毛後毛穴が小さくなる
  • 痛みが少ない
  • 色素沈着などの心配が少ない

脱毛できないケース

  • 肌が浅黒かったり、状態がよくない
  • ほくろの上にある毛
  • 毛が細い
  • 毛の色が薄い

脱毛方法

脱毛の準備

診断後、看護婦さんがていねいに脱毛したい部分を剃ってくれます。

※レーザー脱毛しようと思ったら、ムダ毛を抜くのはやめ剃るようにしてください。

脱毛

お肌の状態を見ながらレーザーを当てていきます。
痛みは全くない訳ではありませんがチクチク感じる程度です。

※ヒザ下(両側)で約30分です。

毛を剃ったあとの毛穴の黒い部分(メラニン色素)にレーザー光が作用して毛の生える組織を破壊します。

脱毛後

施術後は、念のため炎症止めの軟膏を塗ってケアします。
施術後は赤みが生じますが一時的なものでレーザー脱毛が身体に悪影響がある訳ではありません。
施術当日からお風呂もOKです。

注意

  • 日焼けはしないように、最低1週間は直射日光を避けてください。
  • 普通の入浴はOKですが、サウナや熱すぎるお風呂は避けること。
  • 顔にレーザーを照射する場合はメイクをキレイに落として下さい。レーザーを過剰に吸収してしまう恐れがあります。